Projectエビナ電化工業 Techno Lab. 2

世界屈指の最先端メッキ技術を持つ同社の研究開発施設である。もともとオフィススペースとして計画されていた部屋をラボスペースにリノベーションしたいとの依頼に、設備計画と構造計画に細心の注意がまずは必要であった。特に階高が低く梁型が内部に出てきているため、ドラフトチャンバーからの排気ダクトを露出配管としながら、研究者が気にせず活動できる天井高の確保のスタディを必要とされた。女性研究者が多く働く環境で、従来のモノトーンで無機質なラボではなく、明るくスッキリとしたキッチンのような空間をコンセプトに、白衣を着た女性が輝く空間をイメージした。クライアントへは、3Dによる様々なシュミレーションを提示しながら相互理解を深め、プロジェクトを進めた。内装はシンプルにコストをかけず、実験家具デザインによる空間創造をめざし、家具はビーカー掛けに至るまで全てオリジナルで設計されている。

Completion January, 2011
Total floor 1498m2
Location Ota, Tokyo