ProjectN大学 バイオリソース棟

建築・運用ともに低コストを追求しながら、バイオリソース施設としての信頼性と、地球環境に配慮したグリーンな施設の実現をテーマに計画。建築では70%以上再利用可能な構造部材を採用。設備では飼育システムをディスポーザブルのケージ採用で、水使用90%以上、蒸気100%削減、その他空調高熱費の大幅削減など実現した。コンパクトながら6700匹以上のSPFマウスの飼育が可能な施設である。

Completion June, 2010
Structure S structure
M&E Design Seiken
Site area. 630m2
Total floor 800m2
Location Fuchuu, Tokyo