Project独立行政法人 国立長寿医療研究センター 実験動物棟

人と動物の快適性、建物の省エネルギー性を追求した実験動物施設である。
GLP/NIH/The Guide(AALAC)等のグローバルなガイドラインの適用は当然とし、自然採光導入、内装色彩計画、人感知センサーを用いた換気制御などさまざまな挑戦をしている。
設計期間およそ2ヶ月というタイトなスケジュールのなかSOPの作成や運用面でのコンサルも含めた業務を遂行した。

Completion October, 2012
Structure RC Structure
JV GKK
Total floor 1613m2
Location Obu, Aichi