Project昭和産業株式会社 RD&Eセンター

昭和産業株式会社 RD&Eセンター
昭和産業株式会社 RD&Eセンター
昭和産業株式会社 RD&Eセンター
昭和産業株式会社 RD&Eセンター
昭和産業株式会社 RD&Eセンター
昭和産業株式会社 RD&Eセンター
昭和産業株式会社 RD&Eセンター

研究開発の現場では常に未来に必要とされる技術や課題、ニーズを先進的にキャッチし、そのソリューションをスピーディーかつ効率良く新しい価値として顧客に提供することが求められる。
クライアントは小麦、大豆、菜種、トウモロコシなど穀物資源を生かした食品開発企業である。
本センターにはさまざまな食に関する課題やニーズを持った顧客が訪れ、交流を図りながらその課題やニーズに対しクライアントの研究(Research)、開発(Development )、技術(Engineering)3部門のスペシャリストたちがソリューションを提供する。
そのためセンターは顧客に親しみやすい雰囲気と部門を超えた交流の図りやすさ、また各分野ごとの機能性と専門性のシナジーを最大限発揮するゾーニングとなっている。
外観は大地や地層をモチーフとし、そこに様々な穀物ソリューションの引き出しをイメージしたデザインとした。

Completion July, 2016
Structure S structure
Structure Design NCU
M&E Design P.T.Morimura& Associates
Site area. 76,654.016m2
Total floor 4,424.45m2
Location Funabashi,Chiba